ラノベを食べるヤギになりたい

ライトノベル、Hearthstone、ボードゲーム等

ようこそ実力至上主義の教室へ 2巻の感想

昨日1巻についての感想を書いたので、今日は2巻について書こうと思います。

該当箇所をアニメでやってからの方が相応しいタイミングな気もするのですが、今のうちに書いておかないと忘れそうですし、そもそもアニメでその部分をやるかどうかもわからないので。

1巻の感想はこち

supana1114.hatenablog.com

この記事には1巻及び2巻のネタバレが微妙に含まれます。(あらすじ+α)

なるべくネタバレしたくないですが、このラノベは多少内容に触れないと感想が書き辛い・・・。

気になる人はアニメを待つか原作をチェック!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1巻では辛うじて須藤を赤点(=退学)から救うことが出来た主人公&鈴音

その過程で主人公がテストの過去問、さらには点数まで買収するということを思いついたこと、あるいは入学試験で全教科50点を取ったこと等を知った鈴音は主人公の「実力」に対して疑問を持ち始めたわけです。

また、主人公は櫛田の本性鈴音とその兄(生徒会長)の確執について知ることにもなりました。これらの要素が物語にどう影響してくるのか、非常に楽しみですね。

忘れてならないのがBクラスの一之の登場です。なぜ忘れてはならないのか?

もちろん可愛いからです。早くアニメで動いて喋る一之瀬が見たい。正直圧倒的。

f:id:supana1114:20170704230859j:plain左から順に茶柱先生(Dクラス担任)、一之瀬鈴音主人公櫛田須藤高円寺

1巻の振り返りはこのくらいにしておいて、ようやく2巻の内容に入ります。

2巻でもクラスポイント査定に影響が出そうな事態が起こるわけですが、その中心はやっぱり須藤

事件の発端は彼がCクラスの生徒を殴ったこと。実際のところ彼はCクラスの生徒に呼び出され、挑発から暴言、さらには喧嘩に発展した形なのですが、Cクラスの生徒は須藤が喧嘩を売り、暴力を振るったと学校側に虚偽の申告をします。

当然問題になり、学校側から呼び出される須藤。もちろん反論をしますが、無実を証明できなければ停学になってしまうことに。せっかくバスケ部でレギュラーになり、クラスポイントへの寄与が望まれていた矢先の出来事に、Dクラスは動揺します。

ある理由から鈴音はこの件への協力を拒否。主人公や櫛田達が解決のため事件の目撃者捜しに奔走していく、という流れです。

細かい内容には触れませんが、今巻の鍵はクラスメイトの佐倉 愛里

彼女は地味で引っ込み事案な人物。事件現場を目撃していますが、巻き込まれるのを恐れて言い出すことがですきません。また、他にも悩みや問題を抱えており、その解決及び彼女の成長にスポットライトが当てられています。

成長という面では須藤にもそれが見られる巻となっています。それぞれ主人公と鈴音の関わりが大きいのですが、やはりこの2人がクラスメイトに変革を促していくのがこれ以降も大筋となっていくのでしょうか。

現状、櫛田が何を抱えているのかが気になりますが、主人公や鈴音の過去についても今後どのように発展していくか注目です。やっぱりお互いに助け合う感じになるのでしょうか。担任や生徒会長からはその「実力」を見抜かれつつある主人公。アニメでどのくらいまでやるのか分かりませんが、今後の展開に期待が募ります。

最後に、個人的に一番大事なことを書いておくと、今巻では一之瀬 帆波が大活躍します。曲者で強キャラな感じが溢れ出る彼女ですが、原作でもアニメでもさらなる活躍を期待したいと思います。なにより一番カワイイし